2019年4月17日水曜日

火の用心 お堀で消防団一斉放水式


こんにちは。



お堀は桜の花びらで、ところどころ桜色になっています。満開の桜も美しいですが、風に舞う桜の花びらもいいですね。


4月14日、毎年恒例の今治市消防団一斉放水式が今治城の堀でありました。たくさんの消防車から一斉に放水される様子に子供たちは大喜び。大人が見ても迫力がありました。





この行事は今治市民の防火意識を高めるためと、隊員の訓練の成果を市民に見ていただくため、毎年4月に行われています。







放水中は筒先にかかる水圧が大きいので、消防団員の方々は必死でホースを握りしめていました。







お城と放水のアーチが美しいのは、火災を消火するための放水ではないからですね。





むかし、お城を守るために作られたお堀が、この日は、市民を火災から守るのに役立ちました


現地時間15日、パリにある世界文化遺産ノートルダム大聖堂で火災が発生しました。パリ市民だけでなく世界中に衝撃がはしり、悲しみにつつまれています。

火災は、他にかけがえのないものたちを灰にしてしまい、取り返しがつきません。ノートルダム大聖堂の修復には数十年かかるとのみかたもあります。


火事は恐ろしいです。
わたしたちも、よりいっそう火の用心に気をつけていきましょう。    
A

                                                  





2019年4月16日火曜日

日本100名城 今治城


こんにちは。

四月も中旬になり、新入生も新入社員も新しい環境に少し慣れたころでしょうか。
お城の桜は葉桜になり、つつじがちらほら咲き始めました。

新館長のあいさつにもありましたように、今治城は、日本100名城の一つで、第79番の城です。

日本100名城は、2006年に財団法人日本城郭協会によって、

知名度や文化財
歴史上の重要性
復元の正確性

などを基準に選ばれました。

日本全国たくさんあるお城のなかから選ばれた、お城界のエリートです。

2007年からスタンプラリーが始まり、お城の新しい楽しみ方が生まれました。
こちらが今治城スタンプです。





ぜひ一度、今治城にお越しください。
                                                                                                          A

2019年4月13日土曜日

新今治城館長 あいさつ


初めまして。新今治城館長の稲田です。

この度、今治城に来まして、全国各地から多くの方々にご来場いただいていることに、とても驚きと感謝をしております。

今治城は、1602年頃から築城の名手として名高い藤堂高虎によって築城された、日本屈指の海城です。また、史上初の各階を順次小さくして積み上げる「層塔型天守」、内堀に積み上げられた石垣は、高いところで約13mもあり、石垣の周りには地盤を強固にする非常に珍しい「犬走り」など、多くの見どころがあります。

このような歴史的な価値と美しい景観などによって、2006年に「日本100名城」に選ばれた今治城です。
ぜひ、皆さんに来ていただきたいと思っています。

職員一同、皆さんのお越しをお待ちしております。

2019年4月12日金曜日

今治城スタンプラリー ポストカードプレゼント


こんにちは。

お城の桜も満開を過ぎ、新葉が目立つようになってきました。

今治城では、観覧券が天守と3つの櫓(御金櫓、山里櫓、鉄御門・武具櫓)に入場できる共通券となっているため、4つの建物を巡るスタンプラリーを実施しています。


スタンプラリー台紙


こちらの台紙を天守4階にご用意していますので、櫓を巡りスタンプを集めて、今治の歴史や文化に触れられてはいかがでしょう。

全てのスタンプを押された方には、以下の種類のポストカードを一枚プレゼントしています。









このたび、ポストカードが増えました。第一回今治城写真コンテストで大賞に選ばれた武田暁子さんの作品「春爛漫」です。





ぜひ一度、今治市の観光と文化のシンボル今治城へお越しください。


2019年4月7日日曜日

満開の桜と「ミナト今治音楽横丁」


こんにちは。

一昨日頃から今治城の桜は満開となり、そよ風で桜の花びらが少し舞い(桜吹雪)、風情ある光景が広がっています。




そんな日の日曜日(4月7日)、城内の公園で音楽ライブが開催されています。

「ミナト今治音楽横丁」です。



今治の市街地振興の取り組みを進めている元気な方々が主催です。
今回で30回目だそうです。がんばっています。



城内の4か所で、一組約30分の持ち時間で、午前11時から午後4時ごろまで、にぎやかに音楽が奏でられています。






お花見とともに音楽を楽しむ。
春らしいですね。


ちなみに「ミナト今治音楽横丁」の次回は、ゴールデンウィークの真っただ中、55日(日)に、今治の港と商店街で開催されます。



ぜひ足をお運びください。

学芸員 F

2019年4月4日木曜日

桜が満開間近!!

こんにちは。

新年度になって4日が過ぎました。

今年は今治地方は3月後半から少し寒くて、天候も荒れ模様で、今治城の桜の開花は遅れ気味だったのですが、
今週に入り、ようやく春らしい暖かさとなり、
桜も一気に咲き始めました。







今日現在で、八分咲きといったところ。
今週末にかけて、満開になると思われます。

お花見のお客さんも増えてきています。

今治城と桜の美しい競演。

ぜひ、ご来城ください。

学芸員 F



2019年3月16日土曜日

学芸員のお仕事~史料調査~

皆さん、こんにちは。

現在、今治城には2名の学芸員が在籍していますが、普段は天守の中にある事務所に詰めて、天守内部で史料を展示したり、収蔵史料の調査・整理を基本的な仕事としています。
例えば天守2階~4階で展示している史料の解説文(キャプション)を作成するのも学芸員の仕事です。

しかし、その活動範囲は今治城内にとどまりません。
時には地域(今治市内外問わず)へ出ていき、神社や寺院、或いは個人宅に赴いて、そこが所蔵している古文書等の史料を調査する事も学芸員の大切な仕事の1つです。

先日は今治市延喜にある乗禅寺という真言宗の寺院で、史料調査を行ってきました。


乗禅寺全景。写真は昨年夏に撮影されたものです。

乗禅寺は、別名「延喜の観音さん」として地域に親しまれているお寺で、その創建は平安時代、醍醐天皇(885~930)の頃までさかのぼると云われています。

中世に入ると後醍醐天皇から帰依を受けると同時に、伊予国の守護大名である河野氏の庇護を受け、大いに栄えました。

そうした長い歴史と由緒を持つ乗禅寺が所蔵する史料を調査する事になったわけですが、今回は今治市文化振興課・村上水軍博物館による史料調査に合流する形で、今治城も参加する事になりました。

調査対象となった史料は、乗禅寺に伝わる棟札11点及び仏具や掛軸です。

※棟札=建物が上棟した時に、屋根裏に据える建築年や施主
    及び建築に携わった人たちの名前等が書かれた札。

棟札の全体像はこういう形になっています。



まずは、棟札のサイズ(法量)をメジャーで計り、記録します。


棟札のサイズを計測。

次に棟札の写真を撮ります。
文字が読み取れるように、3~4回に分けて撮影します。

棟札の写真を撮影。

最後に棟札1枚1枚を並べ、書いてある内容を調べて記録をとります。(年号・人名等)
棟札に書かれている内容を調べます。


     
文字を読み解いていくと様々な発見があります。
    
 
          
   史料調査は、地域の歴史研究のために欠かせないものでありますが、それ以上に大切なのは、市内のどこに、どんな史料が存在しているかを学芸員側が把握するという点です。
 所在と内容さえ把握していれば、例えば災害が発生した時に史料を迅速に救出する事も可能です。昨今頻発する自然災害を考えると、地域の歴史を物語る史料の把握はとても重要といえます。

 史料調査というのは、地道なものではありますが、未知の史料と遭遇した時のドキドキ感を味わえるのも、学芸員の仕事の醍醐味と言えるでしょう。

                    今治城学芸員
                     伊津見孝明