2018年6月11日月曜日

ギャラリートーク(2回目) 企画展「見つけたよ!!昔の出来事 昔の暮らし」


こんにちは。

数日前の投稿では「梅雨なのに空梅雨です」と発信したのですが、この頃は本格的な梅雨の天候になっており、しとしと雨が降ることも多くなっています。

そんな天候の中ですが、昨日[610日]の日曜日に、現在開催中の企画展「見つけたよ!!昔の出来事 昔の暮らし」の学芸員によるギャラリートークを行いました。




午前と午後に2回。
学芸員が、展示の見所などを解説。




午後には強い雨が降るあいにくの天候の中、関心を持っていただいたお客様に来ていただけました。

その中には、本展に資料を出展していただいた所蔵者の方の姿も。

ありがとうございました。


地域に残され、現在まで伝わった興味深い資料の紹介を通じて、地域の身近な歴史や、そんな地域に関心と愛着を持っていただけるような企画になればと思っています。

※企画展の内容は、今治城ホームページの展覧会情報をご覧ください。

そんな本展も、会期は今週末の617日(日)までになっています。

この機会に、ぜひご観覧ください!

学芸員 藤本

2018年6月3日日曜日

大型絵図の撮影


こんにちは。

今治地方は数日前に梅雨入りしたのですが、いわゆる「空(から)梅雨」状態で、初夏の清々しい天候が続いています。

先日、今治城の一室で、今治城が所管する大型の絵図の撮影を行いました。

撮影の様子


絵図は、大型のものになると、持ち運びや開閉をすることが難しく、調査や展示をするにも簡単ではありません。

そこで、このような絵図を高精細度の画質で撮影することにしました。

この撮影で得られる画像データを使うことにより、画面上で微細なところまで観察でき、かつ、実物とそん色ない精度で実物大で復元できるようになります。


業者さんが専用の装置を持ち込み、2日間で計12点の絵図を撮影しました。



専用装置の精度もさることながら、
業者のスタッフさんが撮影の際に、絵図の些細な折れや皺(しわ)を丁寧に直したり、





ライトの当て具合によって、絵図の折れや皺をできる限り目立たなくしたりという、


光の当て方の工夫として、部屋の側壁を使って光を反射させています。

 細かいところまで気を配った作業を行っていたことが印象的でした。このような作業の積み重ねによって、良いデータが得られるのだと思いました。

この撮影によって得られる画像データは、今後の調査や展示で活かしていきます。

直近では、今年の秋(106日~122日)に開催予定の今治城の絵図をテーマにした特別展で、展示や図録に活用する予定です。

ご期待ください。

学芸員 藤本


2018年5月13日日曜日

ギャラリートーク 企画展「見つけたよ!!昔の出来事 昔の暮らし」


こんにちは。

本日は、「国際博物館の日(5月18日)」を記念した「いまばりミュージアムデー」として、今治城をはじめとして、市内の有料文化施設の観覧料が無料になりました。

今治城には、雨が降り続くあいにくのお天気にも関わらず、多くの方にお越しいただけました。

そして、この「無料デー」に花を添えるように、現在開催中の企画展「見つけたよ!!昔の出来事 昔の暮らし」の学芸員によるギャラリートークを、午前と午後に計2回開催しました。



初代内閣総理大臣の伊藤博文の位牌や、昭和の大横綱双葉山が奉納した相撲大会の優勝旗など、今治市内に伝わった昔の興味深い史料を幅広く集めたこの企画展。

その概要と、出展史料を順に解説していきました。




参加いただいたお客様は、熱心に展示をご覧になっていました。
どうもありがとうございました。



企画展のギャラリートークは、610日(日)にも、同じく午前1030分からと午後2時から、計2回行います。

ご参加をお待ちしています。

学芸員 藤本

2018年5月12日土曜日

吹揚神社例大祭

皆さん、こんにちは。

今日は今治城内に鎮座している吹揚神社の例大祭が行われ、多くの人で賑わいました。


天守の前で豪壮に打ち鳴らされる寿太鼓。

神社から神輿が出発し、旧城下町を一日かけて練り歩きます。

       
子ども神輿も吹揚公園に勢ぞろいしました!



今治地方に伝わる伝統芸能・獅子舞の披露も行われました。

午前中に旧城下町へ出発した神輿は、夕方になって神社に帰ってきます。

       



最後は、神社の拝殿が立地する今治城旧本丸跡に神輿が担ぎこまれ、ここで例大祭は終了となりました。

今日は天候にも恵まれ、絶好の祭日和だったと思います。
祭りの囃子や太鼓の音、掛け声等が響く等、いつもと違う雰囲気を体感出来た一日でした。

                  今治城 伊津見


2018年4月30日月曜日

パネル展示 玉川近代美術館「国宝 春の一般公開」


こんにちは。

ゴールデンウィークに入り、お客さまにもたくさん来ていただいております。

ありがとうございます。

現在、今治城の天守4階にて、ゴールデンウィーク最終日の56日まで期間限定のパネル展示をしております。

 今治城と同じ今治市内にある玉川近代美術館にて、同美術館が保管している国宝「伊予国奈良原山経塚出土品」が56日まで展示されております。
その展示内容を紹介するパネルです。





今治市玉川町にある奈良原山の山頂に、仏教のお経を記した巻物を納めた塔や、同じくお経を納めた筒(経筒)、鏡、扇など、平安時代末期の優品が埋められていました。
このように経典を埋めた場所・遺構を、経塚といいます。

奈良原山出土の一連の資料は、平安時代末期の優れた工芸品であり、貴重な考古資料として、国宝に指定されています。













これらの国宝は、奈良原山近郊の玉川近代美術館に保管されており、年に2回、春と秋に同美術館で限定公開されています。

今年の春の公開は、47日(土)から始まっており、56日(日)までです。

今治地域に残った貴重な歴史遺産である国宝「伊予国奈良原山経塚出土品」を知っていただき、
さらに玉川近代美術館にて、ぜひとも現物をご覧ください!!


⇒ 今治市玉川近代美術館 HP
http://museum.city.imabari.ehime.jp/tamagawa/

〒794-0102 今治市玉川町大野甲86-4
電話 0898-55-2738
  

よろしくお願いします。


学芸員 藤本

2018年4月21日土曜日

企画展「見つけたよ!!昔の出来事 昔の暮らし」が開展しました!


こんにちは。

本日から、企画展「見つけたよ!!昔の出来事 昔の暮らし」が始まりました。




地域に伝わった昔の興味深いモノを紹介し、昔の出来事や、昔の暮らしに興味を持ってもらいたい。そして、地域そのものに興味を持ってもらいたいと思い、企画しました。

会場風景1

会場風景2

会場風景3


本日は、元今治藩主の久松家の次期当主久松定順さんや、今治藩士の末裔であるカメラマンの片岡正一郎さんらが来場され、熱心に見学していただけました。

左から、久松さん、学芸員、片岡さん。


会期は617日(日)まで。会期中は無休です。

この機会に、ぜひご来場ください。

学芸員 藤本


2018年4月8日日曜日

消防団の放水式

こんにちは。

春らしい、良い天候になりました。

本日は、毎年恒例の今治市消防団今治方面隊による放水式が行われました。

※水面の緑色は藻です。今年の春は堀の一部に藻がたくさん発生しています。


午前11時から約15分間、消防車による一斉放水。

今治城の堀を使って行われました。





なかなか壮観でした。

全国でも、お城の堀を使って行われるところがあります。

街の中にあって、人が集まりやすくて、水がたくさんあって、幅が広いので水を飛ばしやすくて・・・

江戸時代のお城が、今はこんな使われ方をされているんですね。

学芸員 藤本