2022年9月21日水曜日

特別展、はじまってます

こんにちは。


先日、今治にも台風がやってきました。



9月19日の今治城


今治城は、台風が最接近した9月19日、暴風警報の発令にともない臨時休館となりましたが、大きな被害はなくスタッフ一同ホッとしています。


次の日、20日からは通常通り開館しております。




さて、9月17日(土)に「特別展 中世の港「今治津」と高虎の城づくり」がはじまりました。




図録も販売中です¥500(税込)


第12回高虎サミットin今治の関連企画で、今治城天守2階が展示会場となっています。


詳細はこちら↓↓

今治城HP 特別展 中世の港「今治津」と高虎の城づくり




展示の詳しい内容は、担当学芸員Fが今後のブログ記事に書いてくれることと思います!!(?)


展示替え中の学芸員Fの様子
(決してカツアゲの様子ではないです)



会期は11月27日(日) までです。


ぜひご来城ください。


M




2022年8月24日水曜日

【予告】高虎サミット in 今治

こんにちは。


お盆も明けましたがムシムシした日が続いてる今治です。




今治城のインコちゃんたち。日中の暑い時間は日陰でジッとしていますが、夕方になると毛づくろいタイムが始まります。


さて、今日はビッグイベントのお知らせがあります!


それは、こちら!!





高虎サミット in 今治」です。


高虎サミットとは……


藤堂高虎公にゆかりのある5都市(三重県津市・伊賀市、滋賀県甲良町、三重県熊野市、愛媛県今治市)で、郷土の歴史・文化の再認識やまちづくりなどをテーマに約2年に1回開催されているイベントです。



今年は、今治市で開催します(`・ω・´)✨


テーマは「海と高虎 ―瀬戸内が育んだ今治の歴史―」


記念シンポジウムや高虎ゆかりの史跡の地をめぐるエクスカーションなどのイベントが催されます。


今治城では……


サミット関連の特別展を9月17日(土)~11月27日(日)開催。


また、当館学芸員が10月15日のシンポジウムにパネリストとして登壇します。


ご期待ください!


「高虎サミット in 今治」の詳細はこちらから👇👇

高虎サミット in 今治【2022年10月15日・16日】最新情報!


2022年8月18日木曜日

大阪・お城フェス2022(8月12日~14日)に参陣!!

こんにちは。

相変わらず暑い日が続いておりますが、今日の朝方はひんやりしていて、暑さはそろそろ峠を越すかと期待してしまいました。

さて学芸員Fは、先週8月12日(金)から14日(日)にかけて開催された「大阪・お城フェス2022」に今治市文化振興課日本遺産推進係の一員として参加していました。

☞大阪・お城フェス2022:https://www.tv-osaka.co.jp/event/shirofes/


会場のグランフロント大阪(大阪市北区)



今治市の出展テーマは「海の城」。


瀬戸内海の中央部にある今治市域には、海と関わりが深い城がたくさんあります。

共に日本遺産「村上海賊」の構成要素になっている、村上海賊の能島城と藤堂高虎築城の今治城。

能島城は中世の海賊の城であり、小島を全て城郭化しています。

城の形態として日本の中でも大変珍しいものです。

江戸時代の今治城も、海際に築かれ、海側に石垣や櫓を重点的に配置し、城内に港を設けていました。

この地域の海城の伝統を引き継いでいます。


このような今治市域の「海の城」を、パンフレットの配布やスタッフの説明によってみなさんに紹介しました。

多くの方がブースに立ち寄り、関心を寄せてくださいました。

ありがとうございました。

今治市以外でも、西日本を中心として多くの地域の城が紹介され、賑わっていました。


これからも色々な形で今治市域の城を発信していきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

共に参陣していた
村上海賊バリィさん(左)
かげちかくん(中央)…今治市村上海賊ミュージアムのキャラクター
高虎バリィさん(右)


【村上海賊とバリィさんの交流記録】

会期中に、村上海賊とバリィさんはたくさん交流しました。


井伊直政様(左)、大谷吉継様(右)と村上海賊

家康公と村上海賊、バリィさん

初代・松阪小粋2022さんと村上海賊、バリィさん

石田三成様(中央)と村上海賊(左)

尼崎三人衆のしんじろうさんと村上海賊

敦賀忍影伝ギョーブと今治市のスタッフ、バリィさん

ひこにゃんとバリィさん

ミナモ(「清流の国ぎふ」マスコットキャラクター)とバリィさん

ゆうさいくん(丹後田辺城主・細川幽斎公イメージキャラクター)とバリィさん

ダイハツの三輪車とバリィさん


F

2022年8月3日水曜日

8月6日

こんにちは。

愛媛県では、連日、熱中症警戒アラートが出ています。



夏の日差しをうけた高虎像はいかにも暑そう!_( _´ω`)_




みなさまも、熱中症対策を万全にお過ごしください。




このような猛暑が続く中、クーラーがない、でお馴染みの(?)今治城天守ですが、「貸し出しうちわ」を設置しています。


バリィさんも暑そう……💦



ご来城の際にはぜひご活用ください!




さて、来る8月6日は原爆の日です。


今治城の駐車場にも「原爆死没者慰霊碑」がひっそりとたたずんでいます。





各メディアからの情報で「戦争」や「平和」について考える機会が増えている昨今。

今年の8月6日は、改めて「平和」を願う日にしたいですね。


M

2022年7月21日木曜日

夏休み期間はぜひ今治城へ

こんにちは!


学生さんは今日から夏休みという人が多いのではないでしょうか。


今治城でも夏らしく、連日セミが大合唱しています。



さて、夏休みに合わせて今治城では、毎年お子さん向け夏休み企画を実施しています。


今年も7月20日~8月31日(グッズがなくなり次第終了)の日程で開催中です。



参加料は無料、さらに高校生以下および18歳未満の方は入館料も無料ですので、気軽に遊びに来てくださいね。




また、自然科学館では、「小惑星リュウグウサンプルのレプリカ展示」がはじまりました。





JAXAと相模原市等の関係機関主催で、小惑星リュウグウから採取されたサンプルのレプリカ展示施設の募集があり、いただいたレプリカです。



こちらも8月31日までの期間となります。



夏休み期間はぜひ今治城へ!


お待ちしています( ˘ω˘)💕

M


2022年7月2日土曜日

本日夜の全国放送で今治城が登場します!!

ぜひご覧ください!!

7月2日(土)21:00~


TBS系列

世界ふしぎ発見!

歴史を変えた名城スペシャル
徳川家康、天下をかけた大作戦!


詳しくは以下をご覧ください!

☞ 番組公式HPはこちら 

☞ 番組公式Twitterはこちら





2022年6月22日水曜日

吹揚神社のはじまり~本丸跡の神社~




みなさんは、今治城の本丸跡、天守のとなりにある神社をご存知でしょうか。


神社の名前は「吹揚(ふきあげ)神社」といいます。


今治城の別名「吹揚城」から名付けられました。


現在の吹揚神社には、今治城主であった藤堂高虎と久松定房も祀られています。


江戸時代の今治のランドマークであった城の名前が付き、当時の統治者である今治城主が祀られる吹揚神社ですが、その始まりは江戸時代……ではなく武士の世が終わった後の明治時代でした。


今回は明治時代のお話、吹揚神社のはじまりについてご紹介します。




吹揚神社のはじまりは明治5年(1872)11月19日。


江戸時代に城下にあった4社の合祀社殿が今治城本丸跡に造営されたことにはじまります。


合祀されたのは、蔵敷八幡宮、神明宮、厳島宮、中蛭子宮です。



これらの神社がどう選ばれたのかは、歴史資料からその一端をうかがい知ることができます。


(明治5年)「御城地へ寄候御社 覚」
(『申歳記録』今治郷土史編さん委員会編『今治郷土史 資料編近世3』今治市1987年993頁所収)


これは、大浜村(現今治市大浜町~小浦町)の村政記録の一部分です。

今治城跡に移す神社の候補を知ることができます。

明治5年3月の記事には、神明宮・蔵敷八幡宮・厳島神社・夷宮が合祀されることが見えます。

また、明神社・伊予熊社・天神社も候補であったものの、「村方不服不寄」つまり、神社のある地域住民の反対などを理由に城跡には移されませんでした。


典拠:前掲(明治5年)「御城地へ寄候御社 覚」



このように多くの候補が立てられたなかで、最終的には4社が選ばれて今治城本丸跡に移され、「吹揚神社」となったのです。


4社が城跡に移された明確な理由は、現在のところわかっていませんが、今治藩主の氏神とされる、飢饉の度に藩の命を受けて雨乞いの祈祷を行うなど、いずれも江戸時代を通じて今治藩との関係が深い神社でした。


明治初期の今治城の堀(「吹揚城蹟」今治城蔵)


学芸員M