2019年2月10日日曜日

今治藩ゆかりの史跡⑥~海禅寺~

皆さん、こんにちは。

今治藩ゆかりの史跡を巡るシリーズ6回目は、今治市山方町にある海禅寺です。


海禅寺全景

臨済宗妙心寺派に属する海禅寺は、その創建時期は不明ですが、少なくとも戦国時代には存在していたとされています。
その頃は、海会寺と名乗っていましたが、寛永10(1633)年に当時の今治城代であった藤堂高吉に願い出て、現在の名前に改称しました。

改称の2年後、藤堂高吉は伊賀国(三重県)に転封となり、代わりに松平定房が今治城に入ります。
定房は、藩主在任中に度々海禅寺を訪れており、時の住職である万化和尚から仏教の教えを聴く等、両者は親しい関係にあったようです。
生前のそうした関係が影響してか、定房が亡くなるとその位牌が海禅寺に祀られるようになりました。


海禅寺本堂。
明治3(1870)年に焼失後、再建されたものです。

また、定房以降の歴代藩主も花見等で度々訪れており、江戸時代を通じて海禅寺は今治藩ゆかりの寺院として、松源院(風早町)・光林寺(玉川町)に次ぐ寺格を誇りました。


そんな歴史を有する海禅寺ですが、もう1つの特徴として挙げられるのが、境内に多くの今治藩士(特に上級)の墓が存在しているという点です。

以下、その一部を紹介していきたいと思います。

➀服部家


筆頭家老を務めた服部家の墓所

服部家は、徳川家康に仕えた服部半蔵の子孫に当たりますが、今治服部家の初代の服部正純が、松平定房の妹の孫であった関係から、寛文9(1669)年に今治藩に召し抱えられ、後に筆頭家老にまで出世します。

服部家は代々が1000石取りの筆頭家老として明治維新まで存続しました。


今治服部家初代の服部正純の墓



➁江島家
江島家の墓所

江島家も服部家と同じく代々今治藩で家老を務めた家になります。
初代の江島為信は、元々は日向飫肥(宮崎県日南市)藩主の伊東家に仕えていましたが、浪人して江戸で軍学者や文学者として活躍します。

代表的著作に「身の鏡」「理非鏡」等があり、17世紀後半の江戸では名が知られていた作家だったようです。
寛文8(1668)年に江戸で今治藩に召し抱えられましたが、政治家としても非常に有能な人物だったようで、為信もまた500石取りの家老にまで出世しました。


江島為信の墓(遺髪のみ葬る)



③池内家
池内家の墓所

池内家は、今治藩で旗奉行や馬廻等を務めた家です。
元々は、松山藩主蒲生家に仕えていましたが、同家が寛永12(1634)年に改易された後、今治藩に召し抱えられています。

池内重華夫妻の墓

幕末期の当主である池内重華は、藩校克明館の総督を務めましたが、戊辰戦争の際は大阪で1万2千両という軍資金を調達し、今治藩の戦費を賄う等の功績を立てています。

維新後は陸軍に出仕し、陸軍中佐にまで出世しました。



➃町野家
町野家の墓

町野家も池内家と同じく、元々松山藩主蒲生家に仕えていました。
今治藩では、馬廻や郡奉行等を務めています。



➄松本家


松本家は、今治藩で大目付等を務めた家です。
写真の墓は、幕末維新期の当主の松本節也とその妻のものですが、彼は文久元(1861)年から慶応元(1865)年まで宇摩郡(愛媛県四国中央市)にあった今治藩領の代官を務めています。



⑥半井家
半井梧庵の墓(遺髪・遺歯のみ葬る)


半井家は、元々京都の出身で、代々藩医として今治藩に仕えた家です。

幕末維新期の当主である半井梧庵(忠見)は、藩医として天然痘の予防接種に当たる種痘の実施に尽力する反面、国学者・歴史学者・歌人としての顔も持つマルチな人物でした。

半井梧庵の著作「愛媛面影」(今治城蔵)

特に梧庵は、明治2(1869)年、伊予国内の旧所名跡を調査してまとめた「愛媛面影」を出版した事でも有名です。

半井元章やその他の家族の墓

梧庵の墓の隣には、夭折した長男・元章やその他の家族の墓も並んでいます。



➆久松長世
久松長世の墓

久松家は、藩主一族であり、服部家以前に今治藩で筆頭家老を務めた家です。
同家の菩提寺は寺町の法華寺ですが、幕末維新期の当主であった久松長世の墓のみここ海禅寺にあります。

長世は、洋式軍備を導入したり、第二次長州征討の中止を幕府の本営に意見する等、幕末今治藩の中心人物として活躍しました。


以上が、海禅寺に存在する今治藩士の墓の一部です。
特に江島為信や半井梧庵等、今治藩の中で重要な役割を果たした人物の墓が目立つのが特徴といえます。

これらの墓が点在する本堂裏手の墓所は、小高い丘になっており、かつては今治の町を見下ろせるようになっていた事でしょう。

                    今治城 伊津見

2019年2月2日土曜日

【展示案内】もっとも正確に描かれた今治城の絵図


こんにちは。

このブログの新しい試みとして、現在の展示品を少しずつ紹介していくコーナーを始めました。

初回に紹介するのは、
「もっとも正確に描かれた今治城の絵図」です。

天守の2階に展示しています。


展示風景

資料名は「安永八年今治城絵図」としています。
今治城が所蔵しています。
江戸時代の安永8年(1779)に作成されました。今から240年前ですね。

「安永八年今治城絵図」


江戸時代以前は、現在の地図を作るような精密な測量技術が発達していなかったので、現在ほど正確な地図は作れませんでした。
そんな状況下で、当時の技術を駆使して、当時としては極めて正確に今治城が描かれています。

しかし、この絵図には、今治城の櫓も、城門も、そして立ち並んでいた建物も、立体的な姿は描かれていません。
描かれているのは、櫓や門の位置には桃色の四角形のみで、
建物が建っていたところは、その敷地の形が白い四角形で描かれているのみです。

今治城の中心部。櫓や城門は桃色。塀は赤色。
石垣は白色で石垣の模様で描かれ、土塁は緑色。
全体的にシンプルに描かれている。

では、何が「正確」なのかというと、白い四角形で描かれた屋敷地の、位置や大きさ、形なのです。
そして、城内に広がる全ての屋敷地を正確に描くため、城全体の形も正確に描かれたのです。

城内に並ぶたくさんの屋敷地の区画には、その一つ一つに、縦・横の長さとともに、人の名前が書きあげられています。
屋敷地をもらっていた今治藩の家臣の人たちです。
(昔の字で書かれているので、なかなか読むことが難しいですが、ご自身と同じ苗字など、読むことができる名前があるかもしれません)

家臣の屋敷地の描き方。
「上野」さん(中央右端)、「平野」さん(中央)、
「竹本」さん(左上、および右下)等の名前が確認できます。


この絵図は、城内にある家臣たちの屋敷の位置や大きさを正確に把握するために、今治藩が作成したものと考えられます。
(だから、敷地以外のものは絵図の主目的ではないため、簡単にしか描かれていないのです)


この絵図からは、色々なことがわかります。

例えば、大きな屋敷ほど、城の中心部(殿様(藩主)の屋敷がありました)に近いところにいるか、または、城の中心に向かう道路沿いにあることがわかります。

逆に、小さい屋敷は、城の中心から遠い所にあります。

右上の水堀(青色)に囲まれたところが城の中心部。
中心部との近さと屋敷地の大きさが、おおよそ比例することに注目。


別の史料によると、大きな屋敷を持つ人は、家臣団の中で上位の人たちで、今治藩の役職の中で重役についている人であることがわかっています。
家臣の中での地位の高さや、役職の重さに比例して、屋敷地の位置や大きさが決められていたことがわかります。

この他に、どんな特徴を見つけることができるでしょうか。

ぜひ、じっくり観察してみてください。


※この絵図の画像と解説は、今治城で販売している図録「よみがえる瀬戸内の名城 ―今治城絵図・古写真展―」(600円)に掲載されています。
今治城のホームページにて通信販売もしております。ホームページの「ミュージアムショップ」からお求めください。


学芸員 藤本

2019年1月2日水曜日

天守3階と4階の展示リニューアルのお知らせ

こんにちは。
三が日の真っただ中ですが、皆さん初詣はもう行かれましたでしょうか。今日の今治城も城内の吹揚神社へ参拝される方々で大賑わいでした。

さて、今治城の天守は昭和55(1980)年の開館時から、江戸時代の今治に関する史料を保管・展示する郷土資料館として運営されております。
特に3階に関しては今治藩や藩主である久松松平家関係の貴重な史料を紹介する常設展示のスペースとして機能しておりますが、年末から年始にかけてこの3階の展示内容をリニューアル致しました。

3階に関しては、今回10のコーナー(第1章藤堂高虎と高吉の時代・第2章絵図に描かれた今治城・第3章久松松平氏の時代・第4章領知朱印状・第5章今治藩の家臣団・第6章城下町と村、及び飴買い幽霊・今治藩主の墓所・今治藩の藩校・今治藩の芸術)に編成し、またこれまで多くのお客様からわかりにくいとのご指摘を頂いていた順路も設定しました。

展示史料も9割程入れ替えています。

3階展示風景(一部)

江戸時代初期の今治城を描いた「正保今治城絵図」の複製。

こちらは昨年秋の特別展でも展示していましたが、今治城の全容
を把握しやすいようにあえて残しました。

初代藩主松平定房ゆかりの甲冑「鉄黒漆塗菱綴桶側五枚胴具足」。
これまで天守2階に展示していましたが、暗くて見えにくかった
事から3階に移動させました。

5代藩主松平定郷の息子である松平定温
作「宝珠画賛」。

一方で、「飴買い幽霊」のように定番となっている史料は、今回残しています。
子どもたちに人気(?)の「飴買い幽霊」
(複製)。

また、3階に併せて4階も全面展示リニューアル致しました。
今回は、地元今治出身の絵師や画家の作品で、新春にふさわしい鶴や虎、冬から春にかけての景色を描いたものを展示しています。

4階展示風景(一部)

沖冠岳作「虎」

矢野鉄山作「渓山暮雪」

以前と比べまして今治城天守の3階と4階はガラッと様相が変わりました。
昔来た事があるという方も、この正月休みに吹揚神社に参拝された後、天守に立ち寄られてみてはいかがでしょうか。
ひょっとしたら江戸時代の今治について思わぬ発見があるかもしれませんね。

リニューアルされた今治城天守3階と4階をぜひよろしくお願い致します。

                   今治城 伊津見

2019年1月1日火曜日

今年のお正月

皆様、明けましておめでとうございます。
本年も今治城をよろしくお願い申し上げます。


吹揚公園(二之丸跡)の様子。出店がたくさん並んでいました。

城内の本丸跡には吹揚神社が鎮座している関係から、毎年多くの参拝客で今治城は賑わいます。

今年もたくさんの人が参拝に来られました。


神社境内に向けて長い列が出来ていました。


石段を登り、神門をくぐっても列は続いていました。


鉄御門外の土橋の様子。

今治城の天守は、この吹揚神社を正面から見て右側に建っています。
毎年元旦から営業しておりますが、今年はいつもより趣向を凝らしてあるイベントを始めました。


今年から天守入口に配置した立看板です。

なんと、今治城からのお年玉として先着2000名様の入城者の方に、上の写真にあるデザインのポストカードをプレゼントしています!

写真の甲冑は、初代今治藩主である松平定房が所用していたもので、今治城が現在所蔵しています。
近年の調査により定房の甲冑は、胴甲以外の兜等のパーツを入れ替える事で、実戦用と儀式用の2つのタイプに分けて使用されていた可能性が高い事がわかっております。

今回のポストカードのデザインは、この2つのタイプのうち儀式の時に使用されたタイプの甲冑の写真を載せたものです。
恐らく今治藩でも年始の儀式で初代藩主である定房を偲ぶ物として大切に扱われたのではないでしょうか。


   これがポストカードのデザインです!

   定房の甲冑と久松松平家の家紋である星梅鉢紋
   を載せています。
今年の今治城は、このようにいつもと違うイベントを行っております。
吹揚神社で参拝を済ませた方は、その足でぜひ今治城の天守にもお立ち寄りください。
天気が良ければ天守最上階からの絶景も楽しめますよ。


天守最上階より来島海峡を望む。
今日の午前中は非常に天気が良く、眺めも抜群でした。

                  今治城 伊津見

2018年12月30日日曜日

「あかりARTプロジェクト」と年末年始オールナイトライトアップ


今年もいよいよあと2日となりました。

今治城では、本日(1230日)から新年1月3日まで、毎夜午後5時から明朝6時までのオールナイトで、竹で作られた「竹明かり」が灯っています。



場所は、今治城の正面入り口。水堀を横切り、城内(吹揚公園)へ入る土橋の両側です。



幻想的な光景。



やわらかな光に癒されます。



この竹明かりは、「第1回 いまばり あかりARTプロジェクト」(主催/公益社団法人 今治地方観光協会)として、市内の放置竹林に生えていた竹を利用したものです。

放置竹林の問題と自然との共存に関心を持ってもらうとともに、市街地の活性化、観光スポットの創出のために実施されています。

⇒「第1回 いまばり あかりARTプロジェクト」の詳細はこちら




そして同時に、今治城も今日から年始まで、オールナイトでライトアップしています(日没30分後から)。






今治城がオールナイトでライトアップされるのは、一年でこの年末年始のみです。

地元の皆さま、地元に帰省された皆さま、観光客の皆さまには、ぜひこの機会に、今治城での光の演出をご堪能いただければと思います。



今年も大変お世話になりました。
来年も引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

みなさま、良いお年をお迎えください。



2018年12月25日火曜日

城内の公園に木製椅子が設置されました。


こんにちは。

本日、城内の公園に木製の長椅子が設置されました。



「企業の森づくり」という取り組みにおいて、愛媛県と今治市と企業の三者が協定を結び、森林整備や体験学習を行っています。

そのうち、太陽石油(株)さんの活動「今治市 太陽が育む森」と、生活協同組合コープえひめさんの活動「コープえひめ未来の森」のそれぞれの体験学習で、参加者のみなさんが、間伐材を用いた木製の椅子を組み立てました。

そのうちの4脚が今治城に設置されたのです。

生活協同組合コープえひめの活動
「コープえひめ 未来の森」のロゴマーク

太陽石油(株)の活動
「今治市 太陽が育む森」のロゴマーク

より良い自然環境を作る素晴らしい活動の成果の一部が、今治城に設置されたことを大変嬉しく思います。
どうもありがとうございました。

設置場所は、観覧券売場がある天守1階の出入り口の前と、城内の公園の出入り口にある鉄御門の下です。


天守1階の出入り口前に設置した長椅子(2脚)

しっかりした造りです。


鉄御門(城内から)

鉄御門の下に設置した長椅子(2脚)
雨の心配もありません。

 
入館前の待っている時や、城内の見学や公園の散策の休憩時などに、ぜひご利用ください。

学芸員 藤本

2018年12月21日金曜日

今年も石垣の草木の刈り取りが行なわれました。


こんにちは。

12月に入り、冷え込みが厳しくなりました。
暦通りに冬が到来した模様です。

近年、晩秋から初冬にかけての時期に、今治城で実施されている大事な作業があります。

石垣の隙間に生えた雑草・雑木の刈り取りです。

この時期は大多数の植物の成長が止まり、葉が枯れているため、作業がし易いのです。

今年は、先週初めから今日まで、天候の良い日を選んで実施されました。

作業を行ってくれるのは、地元の越智今治森林組合さんです。



高さ約1013メートルの石垣を、はしごやロープを頼りにして巧みに移動し、草木を刈っていきます。





作業は全て手作業で、草木の根は残して刈っていきます。

植物の根は、成長すると石垣を内側から圧迫するので、成長を止める必要があるのですが、一方で、根を完全に除いてしまうと、そのために出来た隙間のせいで石垣の安定が損なわれる可能性があります。

微妙なバランスを考えながら、作業が進められました。

刈り取りの前後で、石垣はさっぱり綺麗になりました。

写真の手前側が刈った後。奥が刈る前の状態。

刈り取り前

 
刈り取り後

冬は、今治城では一年で一番、石垣がきれいに見える季節になります。

ぜひ、きれいな石垣を見に、今治城へお越しください。

最後に、毎年刈り取り作業を行って石垣の保全にご協力いただいている越智今治森林組合の皆様に厚く御礼申し上げます。

学芸員 藤本