2021年7月28日水曜日

今治城の石垣のふしぎ ①


こんにちは。

連日、真夏日が続いています。

体調管理には十分気を付けて、夏を乗り切ってください🍉🍉🍉

 

ところで、約3か月前の426日付のブログで、今治城の石垣の不思議(ふしぎ)なことをお伝えしました。

https://imabarijo.blogspot.com/2021/04/blog-post_26.html


何が不思議なのかというと、

「今治城の石垣には、貝殻(かいがら)が付いている石がたくさんある」こと。

その理由は「今治城のある場所と、お城の造られ方に関係があると思われます」

そして「・・・後日、改めて考えたいと思います!」

としておりましたが、「後日」が大変長くなってしまいました。。。

誠に申し訳ございませんm(__)m

 

大変遅くなったのですが、石垣に貝殻が付いている理由を考えたいと思います。

 

まず、貝殻が付いている石そのもののことです。

これらの石は、ほぼ同じ種類のようです。

 



表面が白色や灰色になっている石ですが、これは石灰岩(せっかいがん)です。

より詳しく言うと「結晶質(けっしょうしつ)石灰岩」という種類で、その通称は、皆さんも聞いたことがあると思います。


「大理石(だいりせき)」です。


建築や彫刻の用材に使われる「大理石」が、今治城では石垣に使われているのです。

 


キレイですよね。



一方で、これらの石を離れて、石垣全体を見てみましょう。


城の表門である鉄御門(くろがねごもん)の前の石垣

 

白や灰色の石とともに、薄いオレンジ色や、薄いピンク色がかった石が目立ちます。


鉄御門を通った後の、右側の石垣


近づいてみると、表面に黒い胡麻(ごま)のような斑点(はんてん)があります。





これらは花崗岩(かこうがん)という種類の石です。

 

白色の大理石がどうしても目立ってしまいますが、

この花崗岩が今治城の石垣で一番多く、全体の約90%も占めています。

その次に多いのが、大理石なのです。

 

なぜ、今治城の石垣の石は、花崗岩が大半を占めていて、2番目に多いのが大理石なのでしょうか?

その大理石に、なぜ貝殻が付いているものが多いのでしょうか?

 

長くなりますので、この続きは、

次の機会のブログでお話ししたいと思います。

 

学芸員F

2021年7月7日水曜日

祝!展示が完成しました ~蔵出し!浮世絵の世界~

こんにちは。ヒヨッコ学芸員のMです🐥


今日は新しい展示のことを、興奮さめやらぬなかお話ししたいと思います!


この興奮のもとは何を隠そう今回の展示、ヒヨッコM初担当展示だからです(*ノωノ)

5月からコツコツ準備を続けてきましたが、昨日やっと展示替えを終えることができました。



展示替えの様子はこんな感じ



まずは、これまで展示していた資料を片付けて……


           ↑先輩学芸員Fさん。掛け軸をくるくる


               ↑甲冑も慎重にお片付け





片づけが終わったら、展示ケース内のお掃除。



                 ↑コロコロ……




そして、展示台などを設置します。


             ↑先輩Fさん「ここくらいかな……」


         ↑美しい展示空間を目指して、ミリ単位で調整します。






展示台の設置完了!







最後に展示する資料を出します。


                ↑作業も佳境を迎え、
             心なしかヨレっとなっているM(;^ω^)



そして……









できあがり!!!!わーい!



このようにして完成した展示……


天守4階常設展示テーマ展示コーナー 蔵出し!浮世絵の世界 (←クリックでリンク)」として、華やかな浮世絵14点を公開しています!


ヒヨッコM渾身の浮世絵展示となりました!!

ぜひぜひ、今治城天守4階にお立ち寄りくださいませ( ˘ω˘)♡

M


2021年7月1日木曜日

自然科学館の展示【竹と笹】ー120年ぶりの開花ー

こんにちは。


あっという間に6月が過ぎ、今日から7月ですね。

蒸し暑い梅雨が明けると、子どもたちは楽しい夏休み。大人たちはコロナ禍のことを考えると悩ましいことでしょう。


厳しい報道が多いなか、先月末に明るいニュースが。上野動物園で6月23日、ジャイアントパンダの双子の赤ちゃんが生まれました。動物園によりますと、2頭とも健康状態は良好。お母さんの「シンシン」も25日朝、出産後初めてエサを食べたということです。






画像提供・東京動物園協会


パンダといえば竹や笹の葉を食べているイメージがありますが、もともとパンダはクマの仲間で雑食性。なので、動物の肉や果物も食べていました。


大昔、他の肉食動物と獲物を争わなくてすむように山岳地帯の奥地(中国西部の四川省など)へ移動し、そこに生えている笹の葉や竹を食べるようになりました。


ちなみに上野動物園では、笹や竹を主食としながら、トウモロコシの粉を蒸かして作ったお団子やミルクがゆ、くだものやサツマイモ、春には園内で採れたタケノコを与えているそうです。


さて、4月から少しずつリニューアルされている今治城の自然科学館。紹介したい展示物がたくさんあるのですが、まずは【竹と笹】の展示をご覧ください。
















展示ケースの横には、竹の生態についての説明が5枚あります。



残りの4枚を自然科学館で実際に読んでいただけると、「へぇ~ なるほど! そうだったのかぁ…」と、竹や笹が身近に感じられるかもしれません。



竹は花を咲かせたあと、集団で枯れて消えてしまうという不思議な生態をもっています。一気に咲いて一気に枯れるので、昔の人は不気味に感じ、不吉なことが起こる前兆だと感じたようです。


1970年代半ばの中国で、花を咲かせた竹が枯れてしまったとき、多くの野生パンダが食糧不足で餓死しました。

詳しくは、WWFジャパン(世界自然保護基金)のホームページをご覧ください。こちらをクリックすると開きます。



 5月30日(日)に放送された 📺NHK・Eテレ サイエンスZERO「120年に一度のチャンス!竹一斉開花の謎に迫る」ではまだ詳しく解明されていない竹の生態あれこれを、科学者たちが追いかけました。


このような生態のため、ほとんどの人が竹の花を見たことがなく、咲くことも知らないのではないでしょうか。


こちらが自然科学館に展示されている「竹の花」です。





今治城にいらしたときは、天守2階の自然科学館にもお立ち寄りください。楽しく興味深い展示物を用意して、お待ちしております。

 

2021年6月21日月曜日

『旅の手帳』“日帰り青春18きっぷの旅”に今治城が掲載されました。


こんにちは。


6月21日は「夏至」


一年でいちばん昼が長い日です。

ただ、ほとんどの地方が梅雨の真っ最中なので、あまり実感されないかもしれませんが…。

本日、今治は🌞晴天なので、一年でいちばん元気な太陽が天守を照らしています。


本日の今治城



ちなみに、冬至と夏至では、夜の長さが約5時間も違います。夜が長くても短くても、現代のわたしたちにはそれほど関係はありませんが、昔は違います。とくに通い婚だった時代の二人にとっては、大切な逢瀬の時間がこんなにも短くなってしまうのですから、大問題だったことでしょう。


さて、2021年7月号『旅の手帳』この夏は近場を自由に!日帰り青春18きっぷの旅に、今治城が掲載されました。


交通新聞社・2021年6月10日発行







梅雨の晴れ間に、近場のお城を訪ねられてはいかがでしょう。遠くのお城は、コロナ禍が収束したときの楽しみに。








2021年6月18日金曜日

「きゃりーぱみゅぱみゅが巡る 海と生きる歴史”海道”今治」今治市PR動画が完成!今治城も登場!!


こんにちは。


今治市の魅力をPRするため、

きゃりーぱみゅぱみゅさんが大山祇神社や村上海賊ミュージアムなどをめぐる動画

「きゃりーぱみゅぱみゅが巡る 海と生きる歴史”海道”今治」

が制作されました!!


今治城も登場します!!




今治市の魅力が満載です。

ぜひご覧ください!!


F



2021年6月13日日曜日

定礎箱の代わりに【天守復興四十周年】の掲示

こんにちは。


先日、ラジオ深夜便‐NHK📻を聴いていると、収蔵品を使って認知症予防に取り組んでいる北名古屋市歴史博物館の館長が出演していました。


映画『ALWAYS 三丁目の夕日』の撮影🎥に展示物を貸し出したこともある、別称「昭和日常博物館」の館長・市橋芳則氏です。


市橋氏が博物館の収蔵品を使って「回想法」➡ 高齢者が思い出や経験を話すことで元気になる心理療法を実施していることや、博物館を異世代間交流の拠点にしていることなどが評価され、第一回日本博物館協会賞を昨年、受賞しました。


「昭和日常博物館」は昭和時代の暮らしについて展示・保存しているので、車や自転車・電化製品にトイレのちり紙入れ・おもちゃや文具・ジュースのビンなど、たくさんの収蔵品があります。


1962(昭和37)年に発売されたダイハツ ミゼットMP5
アンシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社
『懐かしの商用車コレクション』シリーズガイドより


ミゼットMP5のカタログ表紙。
電話注文に即時に配達できるミゼットの機動性のよさがアピールされている。

        アンシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社
       『懐かしの商用車コレクション』シリーズガイドより


コロナ禍において博物館などの文化施設は「不要不急」なのか?と論争が起きていますが、博物館は人々の日常生活に寄り添い、心の健康を保つ支援をすることができる施設だと、我々は思っています。



今治市の文化施設たち。


さて、休館中の掃除で見つけた今治城の定礎。

↓詳しくは、こちらをクリックすると開きます。

https://imabarijo.blogspot.com/2021/04/blog-post_27.html

もし定礎の裏側に定礎箱が埋め込まれているならば、天守が建築されたころの世相がわかる品などが入っているはずですが、 確かめることができません。


そこで、手前味噌でキョウシュクですが定礎箱の中身の代わりに、先月まで今治城天守2階に掲示していた、昭和55(1980)年ごろの日本の世相を紹介させてください。


昨年の10月、「天守復興四十周年」のお祝いの記念行事として期間限定の御城印を製作販売したのと同時に、天守復興の建設工事の写真や新聞、その頃の世相がわかる品々を天守2階に掲示したものです。






写真をご覧になって、今治城天守が復興された昭和55年(40年前)頃を懐かしんでいただけますと、幸いです。


これらのことが記憶にない若い世代の方々は、ご両親やおじいちゃんおばあちゃんに尋ねてみてください。思いがけないこぼれ話が聞けるかもしれません。


まずは、今治市が市制60周年記念として今治城復元の構想を進めており、同市の観光と文化のシンボルになるものと期待されていることを伝える新聞記事⇩

昭和54(1979)年8月11日の愛媛新聞



次に、今治城天守などを建てるための発掘調査で、かわらや供養塔・墓石が発見されたことを伝える新聞記事⇩

昭和54年10/5の読売新聞と昭和55年9/3の朝日新聞



そして、復元工事中の今治城天守が工事用の一部足場を取り払い、三層以上の姿が眺められるようになったことを伝える新聞記事と写真⇩

昭和55年8/8の読売新聞


天守再建工事の様子を撮影した写真の数々。
















今治城天守が復興されたころの日本の世相がわかる品々。




講談社発行・昭和二万日の全記録⑰昭和55年~58年より



左ページ下の宮崎美子さん、このとき21歳の大学生。篠山紀信撮影の「週刊朝日」の表紙でデビューし、カメラのテレビCMで一躍有名に。CMソング♪「いまのキミはピカピカに光って」もヒットしました。

















今は、液体せっけんで手を洗うのがあたりまえになっていますが、昔の学校は手洗い場の蛇口にレモン石鹸がナイロンの網に入ってぶら下がっていました。


石けんでの手洗いは感染を予防するためにとても大切です。石けんを他人と共用する場合は、洗浄効果に差はありませんが、固形石けんより液体せっけんが好ましいようです。




今治城天守が復興された40年前の日本は、スポーツ中継といえば野球と相撲


今のように世界中で行われているスポーツ(テニス・サッカー・ゴルフにラグビーなどなど…)中継を見ることができるなんて、想像もしていませんでした。米大リーグで活躍中の大谷翔平選手など、日本人選手が海外で活躍している姿を見ることができるのも夢のようです。


この40年間でいろいろなことが大きく変化したように、40年後の2061年は、きっと新型コロナウイルス感染症も怖くない病気になっているのでしょうね。




2021年6月2日水曜日

休館中、学芸員なにしてたの?ー学芸員Mの場合ー

こんにちは。ヒヨッコ学芸員のMです🐥

 

今治城は、新型コロナウイルス感染症の影響のため422日㈭より臨時休館を続けてきましたが、61日より再開しました。

 

そこで今回は「休館中、学芸員なにしてたの?―学芸員Mの場合―」と題して学芸員のお仕事を紹介します。(休館中もバッチリ働いてますよ!!)

 


主なお仕事は3つです。

 

その1 収蔵庫の防虫剤入れ替え

 

博物館の展示室でみなさまのお目にかかれる収蔵品はたくさんある収蔵品の一部で

収蔵庫には、お休み中の文化財たちがたくさん……(˘ω˘)スヤァ


これらに虫がつくのを防ぐための防虫剤を新しいものに交換しました。

(安心しておやすみ~)

 


その2 展示替えのお手伝い

 

再開と同時に始まった、先輩学芸員Fさんが企画した「新収蔵品展←クリックでリンク

休館中に展示替えをしました。


ヒヨッコの私は 先輩のじゃまをしながら 大いに勉強させてもらいながら、展示のお手伝いをしました。


新しくなった展示をぜひ見にいらしてくださいね(/ω\)♡

 


その3 寄贈資料の整理

 

寄贈いただいた歴史資料を整理する作業です。


資料1点1点に番号をふり、写真をとり、大きさを測り、タイトルをつけ、文書の内容を調査しました。ザ・地道な作業)



↑1点ずつ番号をふっていく



↑撮影風景


この作業はまだ途中です……


学芸員M、資料のお披露目を目指してコツコツ続けていきます!!!


期待してお待ちください(`・ω・´)キリッ

 

 


さあ、開館!6月からもお仕事がんばるぞー(/・ω・)/

M